個人サイト Otearai Web 作者 nagura
1974年京都府生まれ
平日はサラリーマンまがいの勤務をこなすかたわら、自サイトその他で腑抜けた駄文を連ねています。現在吸っているタバコはマイルドセブン(理由は安いから)。酒を飲むと気が大きくなってマルボロを買ってしまい、翌朝後悔することが多い。
   http://www.otearai.net

前回のコラムでは、手巻き用のジャグタバコをなんとか吸おうと辞書の紙で巻いてみたり、既製の紙巻タバコに詰めてみたりしたわけですが。

結局、あまりの辛気臭さに業を煮やしたすえ、紙巻きマシンを購入してしまったのでした。で、いざ使ってみたらこれがすこぶる便利! アッという間にくるくるっと紙巻タバコが出来上がるものだから楽しくて、ついつい吸わないぶんまで巻いてしまうという、「人間紙巻きマシン」と化してしまうほどのハマりようで。

今回はその紙巻きの模様と、あと試しに紅茶の葉っぱを巻いて吸ってみた模様とをレポートしてみたいと思います。


今回購入したのは、RIZLA社の「カデット」という紙巻きマシン。お値段は600円くらいだったろうか。

それに専用のペーパーが50枚入りで200円程度。250ページ程度の文庫本が400〜500円なのを考えると少々高いような気もするが、こういうセコいことを考え始めるとキリがないのでやめておくことにする。そもそもタバコ自体が無駄な道楽なのだから、高いの安いの言っても仕方がない。

手巻きタバコ一式

さっそく紙巻マシンにジャグタバコを詰めていく。この際、欲張ってたくさん葉っぱを詰め込みすぎると、空気の通り道がなくなって、いくら火をつけても吸えなくなってしまう(何度も経験したからよく分かる)。かといって葉っぱをケチりすぎると、細くてヘナヘナの情けないタバコになってしまう。このあたりのさじ加減は、やはり経験である(…と、買った翌日のくせに言ってみる)。

二日間の熟練を要する葉っぱの量

そして紙巻きマシンの上端にペーパーを載せて…

マシンの上にペーパーを載せるの図

そのままローラーを手前に2〜3度回せばもうOK。

ローラーを手前に回すとペーパーがスルスルッ

マシンを開ければ、そこには可愛らしい手巻きタバコがころりんと鎮座しているのでした。おお、愛いやつじゃ! と感動のあまり、思わず名前を付けたくなるほどで。登志朗にしようか、武史にしようか、それとも幸雄あたりのほうが堅実だろうか…などとひとしきり。これも結婚願望の現われでしょうか。

自分で巻いたタバコは妙に可愛い!幸雄!!

可愛い我が子、幸雄に火をつけて吸っていく。手巻きタバコはどうしても端っこがナヨナヨして吸いにくいので、今回は既製シガレットのフィルターを少々失敬して詰めてみた。お味のほうはまったく問題なし。甘くやわらかい重厚な煙が口に広がって、とてもおいしい。

幸雄にフィルターを詰めて火をつける

そして第二ラウンド。今度は紅茶の葉っぱを紙巻きにして吸ってみることにした。

これもうろ覚えの聞き覚え話だが、一服したくてもタバコの葉っぱが手に入らなかった時代は、そこいらの落ち葉を刻んで喫煙する猛者がいたという。さすがに落ち葉を吸うのはイヤだが、紅茶の葉っぱなら、衛生的だし喫煙しても美味そうである。

そこでちょっと上品に、ウェッジウッドの紅茶で一服してみることに。

意外と違和感のない取り合わせ

タバコの場合と同様、紅茶の葉っぱをマシンに入れていく。葉っぱがあまりにもサラサラなので弾力がなく、こぼれ落ちないようにするのに一苦労するが、なんとか入れ終える。

アブナい雰囲気満点だけど紅茶

さらにペーパーを載せてローラーを回転させると…ちょっと不細工ながらも完成しました。紅茶タバコ。

警察に踏み込まれたら押収される自信アリ

で、葉っぱをこぼさないよう気をつけながら火をつけてみたところ。

おお、ちゃんと吸えるじゃないですか!! それも結構しっかりした吸いごたえがあり、口から吐き出される煙もタバコのそれとほとんど変わらない。もちろん風味はタバコのそれと全然異なり、どちらかというと焚き火を吸っている感じに近いが、それでも焚き火に比べれば上品な香りで、紅茶をローストしたようなほのかなフレイバーも感じられる。

結構フツーに吸えました

それに何より素晴らしいのは、これはタバコではないから税金も取られないし、未成年が吸っても全く問題ないという点だ。高校生が学校で堂々と吸ったところで、教員はとがめようがないから痛快ではないか。

「だったらハーブ・タバコ(タバコ葉を含有していないニコチンゼロのシガレット)があるじゃないか」と言われそうだが、ハーブ・タバコはなぜか未成年者の喫煙が禁止されているようだし、おまけに20本入りで500円と滅法高い。それなら自分で紅茶でも巻いて吸っているほうが、はるかに安上がりである。それに昔は、桑やタンポポ、ヨモギなどの葉がタバコの代わりに喫煙されていたとも聞く。オリジナルブレンドの楽しみも味わえなら、正に一石二鳥ではないか。

今後は興味のおもむくまま、いろんな野草を乾かして吸ってみようかと思索中です。間違ってもチョウセンアサガオなど吸ったりしないよう気をつけながら。